北欧の幸せカップ

10月 11, 2009
ククサ(kuksa)
白樺の瘤(こぶ)製のマグカップ。
ククサ

ククサ

北欧の北極圏の原住民であるサーミ人の伝統的なマグカップです。
彼らはククサとナイフを腰に、トナカイの遊牧生活を送っていました。
現在ではサーミ人のみならず、北欧の人々に愛され、森で、湖のほとりで、居間で、様々なシーンで使われています。特に雪の森でキャンプ時、焚き火で沸かしたコーヒーカップとして利用されています。

サーミ人についての話 (東海大学文学部叢書) Sugar Land (シュガーランド) フラッグマグ FINLAND(フィンランド) 11118-9

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

Comments are closed.