みゆき野映画祭 スタッフ紹介 vol.6

2月 19, 2010

今回紹介するのはまさ君です。

大学では天文学を専攻し国立天文台ハワイ観測所すばる望遠鏡の制御プログラムを作っていました。

学生時代に読んだ沢木耕太郎深夜特急に魅せられ2年間世界を放浪し、時には英語で喧嘩したりと語学が堪能なまさ君は、みゆき野映画祭に応援に来てくださったスウェーデン大使の通訳を行うことに。

大使が帰り際にネクタイをまさ君にプレゼント。

スウェーデン大使からネクタイのプレゼント

スウェーデン大使からネクタイのプレゼント

東京に戻ってもオッシ、ユッシを観光に連れて行き入れ替わりヨーナが暫く厄介になったりと、、、

映画祭が終わっても大変なまさ君です。。

ヨーナが行うフィンランド料理教室にも付き添うそうです。

すばる望遠鏡とは?

1999年1月ファーストライト(試験観測開始)。建設総額は400億円。システム設計・建設のほとんどは三菱電機が請け負った。国立天文台が建設準備を進めていた当初のプロジェクト名は「日本国設大型望遠鏡」(英語名:Japan National Large Telescope, JNLT)だった。建設が始まった1991年に望遠鏡の愛称の公募が行われ「すばる」が選ばれた。

主鏡に直径8.2m、有効直径(実際に使われる部分の直径)8.2mという当時世界最大の一枚鏡をもつ反射望遠鏡であった。主鏡はアメリカのコーニング社とコントラベス社に於いて7年以上の歳月を費やして製造された。

現時点(2008年12月)で世界最大の一枚鏡望遠鏡は、アメリカアリゾナ州にある大双眼望遠鏡で、8.4m鏡を2枚用いている。また分割鏡では、アメリカのケックI望遠鏡およびケックII望遠鏡(それぞれ有効直径約10m)である。

すばる望遠鏡には高度な技術が多数使われている。例えば、コンピュータで制御された261本のアクチュエータにより主鏡を裏面から支持することにより、望遠鏡を傾けた時に生じる主鏡の歪みを補正し、常に理想的な形に保たれている(能動光学)。また、天文台の建物そのものの形状を工夫することで空気の乱れを防ぎ星像の悪化を防いでいる。採用された円筒形のドーム形状は、特に内部からの放熱による乱流を防ぐ観点で、通常の半球形のドームより適しているとの理由によって採用された。

ウィキペディアより

なかなか聞くことないすばる望遠鏡の話は非常に面白いです。

何故かみゆき野映画祭の男性スタッフは理系が多いので、、

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

Comments are closed.