第6回フィンランド映画祭開催記念レセプション

11月 29, 2014

第6回フィンランド映画祭

11月29日より12月3日まで、六本木ヒルズで開催

このたび上映される5作品。

すでに配給がきまり、劇場上映される作品が2つ、そして劇場公開予定は未定ですが、米国アカデミー映画祭外国作品賞ノミネート速報がはいった映画が1つ。

ほかの2作品も、とても魅力的な作品で、5作品ながら作品の質がすべてとても高く、密度の濃い映画祭プログラムとなっています。

5作品をみることでフィンランドの様々な側面、フィンランド人の心を感じることができるプログラムです。

 

映画上映開始に先立って、レセプションパーティがフィンランド大使館で開催されました

まずは、マヌ・ヴァルタモ フィンランド大使 より開催にあたっての祝辞

開催をとてもうれしく思います

6回目となり、そろそろ伝統とよんでもよいのではないでしょうかと、映画祭開催をとても喜んでおられました。

10366168_975924202421212_8473872214408904884_n(C)フィンランド映画祭

そして、大使の祝辞のあとは、ニスカネン氏より映画祭プログラムの紹介をいただきました

1401622_715945798483489_7527606283248818908_o_1 photo by Hokuoku

フィンランド映画祭の産みの親。ニスカネン氏

日本映画に精通し日本語堪能なニスカネン氏は、フィンランドフィルムファウンデーションの日本代表をされています。

ヘルシンキ映画祭 love&アナーキーの日本映画プログラムにも大きな影響をあたえておられます。

日本とフィンランドの映画をつなぐ第一人者です。

まさに映画を通じてフィンランドという国のこと、フィンランド人の心を伝える良作のみを選定されています。

フィンランドにいくには時間や旅費が。。というかた、まずこのフィンランド映画祭にいってみてください。

「コンクリートナイト」11/29 16:00、11/30 13:00 六本木ヒルズ TOHOシネマ 上映終了後、ピルヨ・ホンカサロ監督の登壇あります。

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

Comments are closed.