デンマーク映画 「僕らは残った 」

6月 8, 2012
Copyrights NIMBUS FILMWe who stayed behind

Copyrights NIMBUS FILMWe who stayed behind

直近上映場所
2012年6月24日(日)13:00、15:00(2回上映) Cプログラム
山形まなび館・MONO-SCHOOL 地下交流ルーム7(シアタールーム)、多目的室
住所:山形市本町1−5−19

http://miyukino.snowcollective.com/2012624mono-school

デンマーク映画「僕らは残った」
(デンマーク/25分/フィクション/デンマーク語/日本語字幕/2008/監督マーティン=デ=スラウ)

タイトル:We who stayed behind

監督:マーティン・デ・スラウ

制昨年:2008

国:デンマーク

尺:25分

言語:デンマーク語

字幕:日本語

Copyrights NIMBUS FILMWe who stayed behind

あらすじ
無気力という伝染病におかされた大人たちが次々と街を出て行った。この病気にかかると血がの色が変わる。街に残っているのは子供たちと数名の大人。親友の女友達と一緒にこの病の解決法をさぐる主人公の少年。やがて女友達も感染してしまう。

短編映画We who stayed behind予告編

WE WHO STAYED BEHIND trailer from martin de thurah on Vimeo.

監督紹介
マーティン・デ・スラウ
1974年生。映像作家。デンマーク・コペンハーゲン出身。
かっこいいMVやCMをつくることで評判の映像作家・写真家。この数年は音楽・CM界でひっぱりだこ。色彩感覚がすばらしく陰影が深い画面の独特の映像美で人気を博す。デンマークの名門ナショナル・フィルム・スクール・オブ・デンマークで学ぶ。

Carpark NorthのMV「Human」、ロイクソップ「what else is there」、FEVER RAY「When I Grow Up」など、多くのミュージシャンのMVやPVを手がける一方IKEAのCMも製作。監督短編映画は2本だけ。いずれもやはり陰影と透明感のある色使いがすばらしい。みゆき野映画祭では2010年よりそのうちの1本”We who stayed behind”を雪のスクリーンやログハウスシアターで上映してきた。2012年は洞窟シアターで上映予定。

HOME<IKEAのCM>

 

【レビュー】

○無気力という伝染病。それは私たちの生活の中にも潜んでいる。どうしようもない閉塞感を日本中が“あの日”から感じていた。
そんな中でも「誰か」と「何か」を始めてまることで、明かりを灯すことができるのだろう。始めることは誰にでも「できる」。

○灰色を基調とした映像美は作品の世界観を見事に体現している。
その灰色の世界を子供たちがどう変えていくのか。ラストにはもう一つの美しさが用意されている映画。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

Comments are closed.