町田CON-CANショートフィルム・フェスティバルにて

2月 12, 2012

町田で今日、明日(2/11、12)開催の「町田CON-CANショートフィルム・フェスティバル」に行ってきました!
昨日チケットを買おうとしたらなんとすでにぴ●では発売中止でちょっと焦ったけど当日券があるときいていたので、めげずに午後から町田へ。
ちょうど一昨日から日本に来ているFINLAND人の友人と一緒に行ったけど、私はFINショートフィルム特集、彼女は日本人の「平林勇」特集へ。その後合流して、「3.11 A Sense of Home Films」をみて、レセプションに参加してきました。

FINのを観ているときに、たまたま隣がフィンランドセンターの方だったのでちょっと話してみました。
そしたらなんと!「みゆき野国際映画祭知ってるよ」って!マジ嬉しい~♡♡♡
そのあとのレセプションでもいろいろな人と名刺交換して、「みゆき野国際映画祭っていうのやってます!!」とPR。
やっぱりというかなんというか、映画好き、FIN好きが集まっていて(FINの映画監督さん、日本人の監督さんもいらっしゃっていた)、なかなか収穫のある、というか、単純に楽しかったで会でした。持って行った名刺が最後はなくなってしまい、FINの監督には渡せなかったという。。。でも先方のはいただいたので、あとでメールしてみようと思います。

赤白のワインに加え、FIN大使館がケータリングをしていておいしい食べ物もあり、これで2,000円ってお得~な感じ。

「3.11 A Sense of Home Films」は、なら国際映画祭東日本大震災復興支援映画プロジェクトでもあり、ここの事務局の人がスカイプでレセプションに参加したりしてました。
3.11~ではあの震災をテーマにしたFILMもあり、当日不安だった気持ちとか携帯繋がらなかったなあとか思い出してうるうる涙が。。。
遠く離れた東京でこれだけ心細かったり電車とまったりして大変だったのに、もっと揺れたところはいかばかりだったかと、改めて思いました。

改めて、みゆき野国際映画祭を通じて支援したり、また、いろんな人に北欧を知ってもらったりしたいなあ。と思ったスタッフMでした。

明日もあるので、間に合ったら行ってみてください^^/

Facebook にシェア
[`yahoo` not found]
LINEで送る

Comments are closed.