太陽のステージ 北欧の音楽ピクニック

6月 1, 2010

太陽のステージ 北欧音楽ピクニック 主催:ハーモニーフィールズ

(以下 ハーモニーフィールズHPより引用します)

ヘルシンキ出身のシンガーであり、民族音楽学者。 幅広い民謡を歌う。

カロリーナ・カンテリネン  (フィンランド)
Karoliina Kantelinen (Finland)

(歌・カンテレ)

 カロリーナ・カンテリネン 北欧音楽ピクニック

プロフィール
 カロリーナの特徴は、何といってもその表現力である。全身を使って、一つの中にも驚くほど多くの表情を見せてくれる。世界的に有名となったフィンランドのフォークミュージックグループ「ヴァルティナ」の代理メンバーを務めた時には、この表現力に注目が集まり、その存在感を世界に示した。
 彼女のスタイルとは、カレリア地方に残るヨイクをベースとした 伝統的なカレワラ物語、メロディ、そして自分自身のインスピレーションを織り交ぜたエスニックでブルーグラス的なものである。そこに時に苦悩に満ち、時に深い悲哀をたたえた、実に幅広い感情をのせて表現する。
 彼女はまた、カンテレやセルフロイトを使ったソロのパフォーマンスをする他、フィンランドの伝統楽器ヨーヒッコとのデュオや女性ヴォーカルグループ「Ketsurat」など様々なアンサンブルでの共演をしている。またパペット劇場「SAMPO」においての活動や、2009年の春よりフィンランドの名門シベリウスアカデミーのフォークミュージック学科の院生として研究を始め、現在ロシアのカレリア地方に残る古いヨイクの伝統についての論文を執筆するかたわら、ヘルシンキ大学の音楽科でフォークミュージックの教鞭をとるなど、演奏以外にもその活動を広めている。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

Comments are closed.